元衆議院議員(茨城県第6区)[無所属]大泉ひろ子オフィシャルサイト
プロフィール 日々雑感バックナンバー 後援会募集
日々雑感
[2017/05/18]
田舎のおばさん



 昨日、長年尊敬する某国立大学名誉教授に会った。昨年のつくば市長選落選後、挨拶に行かなければならないと思いつつ、つい目の前の仕事を優先して時期を逸していた。先ずは、挨拶という「世間のルール」を守るべきとお叱りを受け、その上で、いつも辛口の先生から痛いご忠告を頂いた。
 「あなたは田舎のおばさんだね」「言いたいことを正直に言う政治家は成功しない。たとえば、長靴事件で失脚した務台俊介前政務官。本人はまともな人なのに、口を滑らす」「メルケルは人の話は聞くが、自分の考えは言わない。もしかしたら、考えはないのかもしれないが、人に皆喋らせた後で、黙って実行する。だから、政権を長く保っている。決して優秀じゃないが」「あなたも言いたいことを言い過ぎだ。それは、田舎のおばさんなんだよ」。
 都会っ子の私が田舎のおばさんと言われれば、長年の選挙で、田舎を理解するようになったとの褒め言葉にも聞こえるが、無論そういうことではない。状況を読めない「政治音痴」と仰っているのだ。確かに、当該ホームページを始め、演説でも、言いたいことは包み隠さず言ってしまう傾向は自分でも気づいているが、それが私の選挙下手の原因なのだとは、盲点であった。
 新宿に生まれ、渋谷で青春を過ごし、霞が関で仕事をし、赤坂で飲み歩いた都会っ子が、世界の半分である田舎が知りたくて、山口県や茨城県で活動をしてみたが、今は、すっかり元の鞘に収まりつつある。私は沈黙すべき時は沈黙するという術を知らず、田舎のおばさんよろしく、あたりかまわず喋りまくってきたようだ。
 私は、雑踏の中を歩くのが好きだ。人の流れをよけながら、口を結んで黙々と歩く。匿名の社会は誰もお互いに興味を持たない。私は、田舎のおばさんを卒業して、今日も雑踏の中に紛れ込んでいく。

[2017/05/15]
何を目指すのか、政治家



 昨日、ある大きなイベントで国会議員があいさつに立った。聴衆に向かい、笑顔で「皆様のご支援のお蔭で、私はここにあります」と終始、支援を得たことの礼を述べた。彼が政治に出て、何をしたいか、どんな社会を目指すのかは全く言及がなかった。
 昨年の参議院議員選挙でも同じ光景を目にした。ある全国団体の大集会で、候補者は、政治理念に触れることなく、政策に触れることなく、支持団体への感謝の気持を30分も述べて演説を終えた。
 集会は、確かに支援者だけを対象としたもので、支援団体の利益のために働けばよいので、自分のやりたいことを述べる場ではない、そう割り切ってしまえば、それでいいのかもしれない。しかし、一人でも外部の者が入っていれば、人や政策を選ぶ選挙はどこに行ったのだと思わざるを得ない。
 下手すれば、政治家自身が国会議員になりたいだけで、政治理念などはないのだろう。政治的良心があれば、演説の中でその一端を吐露せずにはいられまい。だから、感謝の辞と「皆様の声を国会に届けます」の二つしか言わない人は政治家たるべきでないと思う。
 実現したい理想もない政治家ばかりだから、日本の未来に期待することはできまい。ただし、安倍政権は例外だ。なぜなら、良くも悪くも、実現したいことが端的に表明されているからだ。安倍さん曰く、「軍備を憲法上明らかに持ち、戦前のような一等国にする」「伝統的価値観を大切にし、国民の権利だけではなく義務を明確にする」。これだけ明らかだと、何も考えていない与野党の連中は叶わないわけだ。部分的反対しかできない。それが今の野党の哀しさでもある。
 やりたいことがあるのに次々に阻まれるトランプ政権。やりたいことがあって初めは反発を喰らうが、しばらくすると実現に漕ぎつける安倍政権。この二政権は世界の秩序を維持していくだろうか。多分違う。北朝鮮問題は、外交下手の中国と歴史的に外交上手のロシアの手腕に徐々に委ねられてきた。中国やロシアを超える政治理念を、アメリカも日本も持たねばならぬ時だ。このまま政治貧困ではいられない。焦りを感じる。

[2017/05/06]
学歴で終わる社会



 最近、ひょんなことから、50年近く前に共に学んだ友人の現況を知ることになった。1968年、都立西高から東大に進んだ女子学生の中で、弁護士を開業していたり、国立大学の教員だったりの噂を聞いて、少しほっとした。時代を共有した友人が職業生活を遂げてきたことは誇らしく思う。女性の場合、苗字を変える人が多いので、今日までその存在は埋もれ、忘れていた。
 なぜ誇らしいか。1970年代、厚生省からアメリカに派遣されて見たアメリカの女性の社会進出への勢いは激烈だった。戦後与えられた男女平等の憲法の下で、日本女性にも頑張ってもらいたかったが、いかんせん、当時は親世代の価値観から抜け切れず、また、大量の団塊世代は、高度経済成長と甘い「恋愛流行歌」に乗って、安易な人生の選択に流れがちだった。だから、職業生活を全うした仲間がいたことを誇らしく思うのだ。私は、勉強で勝ち取る狭い世界しか知らないが、芸術やスポーツの世界で、突出した女性を見れば誇らしく思ってきたのも同じ理由だ。
 しかし、そんな私の思いは過去の遺物になりつつある。今の若者は、男女を問わず、小さい時から受験を予告され、受験に合わせた人生を送らされてきた経験を持つ。大学のブランドを勝ち取り、あるいは好むと好まざるとに拘わらず医学部に入学するなど、それをゴールに生きてきたきらいがある。学歴は職業生活の手段であるはずが、学歴がゴールだから、職業生活への憧れや実践技術の習得にはあまり関心を示さない。
 もちろん、それが全てではないにしても、最近会う若者に多いのが、立派な学歴なのに職業的に成功しようと思わない人々だ。その中では、女性は男性より「頑張る」と言われるが、欧米に比べガラスの天井が早く訪れるのも事実だ。我々の世代が自分の誇りのためにがむしゃらにガラスの天井を突き破ろうとした生き方は、「格好悪い」と思われているのだ。学校を出るだけではだめ、社会の下積みから這い上がりつつ、やがて社会に貢献していくべきと考える旧価値観は、若者に一笑に付される。
 思うに、学歴ブランドはもう意味がない。むしろ、大学などに行かなかった別のグループの方が期待をかけられる。それこそ、アップルCEOのステーィブ・ジョブズが、スタンフォード大学卒業式で行った有名な演説のように、「私は役に立たないと思った大学を6か月で辞めた。それが人生の選択で一番良かった」「人に言われた人生をやるのはもったいない、自分のために、飢えよ、馬鹿であり続けろ」。日本がイノベーション競争で勝つことができるのは、これしかないかもしれない。小さい時からの学歴ゴール社会を改める時が来た。
 

→バックナンバー
大泉ひろ子物語
YouTubeにて発信中!
大泉ひろ子-市政について
大泉ひろ子-つくば市への想い


政策チラシ 9号[ダウンロード]

[バックナンバーはこちらへ
]

連載小説
民主党を辞めた理由
新しいつくばをつくるみんなの会
アーカイブズ内容
 孫のいない時代 [2015.4月〜2016.2月]
 第二の性を生きる [2014.11月〜]
 老人大陸の平和 [2014.7月〜]
 少子高齢と地方 [2014.4月〜]
 ザ・コーセーショー [2014.2月〜]
 戦後生れの終戦後 [2013.12月〜]
 死生観と行政 [2013.10月〜]
 団子より花へ [2013.6月〜]
 長寿の涙 [2012.1月〜]




(↑)このページのTOPへ

プロフィール 日々雑感バックナンバー 後援会募集 HOME

(C)2009. HIROKO OOIZUMI. All rights reserved.