元衆議院議員(茨城県第6区)[無所属]大泉ひろ子オフィシャルサイト
プロフィール 日々雑感バックナンバー 後援会募集
日々雑感
[2017/07/24]
遊んで暮らす社会



昨日、留学生による弁論大会が某地方都市で行われた。毎年この大会に出席している私は、優勝者のウクライナ人のスピーチは特に優れていると思った。日本の過労死と「頑張りすぎる文化」について、ユーモアも交えながらきれいな日本語でスピーチした。
 優勝者は、頑張りすぎるのを褒めているわけではない。頑張り美学に無意識に溺れている日本人に警告をしている。日本人は「自分のやりたいこと」の実現のために職業を選ぶのではなく、有名企業等の集団に属することを選ぶ。それが間違いのもとではないかと示唆する。短い留学期間にこれだけの分析をしたのは、称讃に値しよう。
 大会後の懇親会で、私は、「人間が頑張りすぎないで済むAI(人工知能)社会」について話をしていたところ、「人間の仕事が奪われるから、AIを阻止する法律が必要だ」という意見に出くわした。先日、別の会合でも、「AIは情緒的な部分は人間を代替できない。人間の役割はある」という意見に出会った。実は、私は、そうは思わないのだ。
 既にほとんどの工場はロボットだけで生産しているし、将棋もチェスもAIにかなわない。人間は、殆どの労働から解放され、遊んで暮らすことを考えればよいのだ。これまで労働集約的と考えられてきた農業や介護もAIに任せ、人間は労働したとしても一日1時間、週に5時間働けばよい社会が来るかもしれない。
 「それでは生きる意味がない」と言う人も多い。しかし、労働のために労働をするのは正しいのか。あたかも、今の健康ブームが健康のために健康実践をしているのと同じだ。健康も、労働も、そして金も自分の本当にやりたいこと(これを遊びと考えよう)の実現のためにあるはずだ。
 産業革命時に、機械が自分たちの仕事を奪うからと、機械を壊すラッダイト運動が起きたが、むしろ機械のおかげで世の中の仕事は増えた。同様に、AIを発展させることにより、本当にやりたい遊びの時間は増えるのだ。AI社会を迎えて、自分の本当にやりたいことに向き合い、有名会社に属することや「みんなと同じ集団」に属することを目指す日本人の特質を捨ててみるのも面白い。
 優勝者のウクライナ人曰く、「ウクライナは厳しい政治情勢の中にあるからこそ、夫々が自己実現を意識するのだと思う」。借金大国、人口減少、格差拡大の日本は、ウクライナに比べ、まだまだぬるま湯なのかもしれない。有名な企業で、自己実現はないけれど、あくせく働くことに意義を見出している、日本こそ変わった国なのだ。

[2017/07/19]
もう一つの憲法改正



昨日、都内の民間法人の主催する少子化懇談会が開かれた。人口や少子化対策の歴史、国際比較などは私自身もさまざまのところでレクチャーをしてきたので、よく知る内容であるのだが、今回新たに学んだことがいくつかあった。
 一つは、男女平等を憲法に盛り込んだベアテ・シロタ・ゴードンさんの最初の案では、男女合意で婚姻をする趣旨の第24条の冒頭に「家族は人間社会の基礎であり・・・」を書いていたと言う。憲法らしからぬ表現だと削除されたが、家族を憲法に位置付けたのは、ワイマール憲法であり、ドイツ連邦共和国基本法は、その流れを汲んで第6条に「婚姻および家族は、国家秩序の特別の保護を受ける」とある。
 安倍首相悲願の憲法改正の論議の中で、9条以外に出てきた議論というのは、環境権がない、地方自治は4条しかない、というようなもので、少子化が大きな課題の日本で「家族の権利がない」という議論は聞かない。むろん、理由は明らかである。「家族」は戦前のイエ制度を思い起こし、1941年の「産めよ増やせよ閣議決定」と並んで、女性や革新系の人々に嫌われてきたからである。
 もっとも、今の若者が、イエ制度や例の閣議決定を思い起こすことなどあろうか。家族という言葉にアレルギーを感じる年代層の方が少なくなりつつある。また、昨日の議論で学んだもう一つのことは、NHKの高校講座で教えている「家族」とは、「ライフスタイルの選択によって構成や関係が変わるもの」としている。かつてのように、血族集団が中心のような教え方はしていない。
 それならば、憲法第25条が生活保護法の根拠になるように、あらゆる少子化対策法の上に位置し、憲法上、国家による家族への支援があってもおかしくはあるまい。国による家族への介入と言われる可能性もあるが、この権力行政は、規制ではなく給付行政の根拠とするのである。
 私は、ここ数年、「少子化」はやめて、はっきりと「人口政策」にすべきと主張してきた。昨日の基調講師の主張も「少子化はやめて、家族政策にすべき」だった。フランスをはじめ少子化を克服した国は「家族政策」を駆使している。それは、日本のように保育所に矮小化した「ケチな」政策ではない。
 憲法に家族の権利を書くか、保育所一辺倒を辞めて多様な家族政策に財政的にも取り組むか、一体誰がこの分野をリードしてくれるのだろうか。少子化担当大臣が2007年に創設されてから10年。この大臣を奉職した人は17名。誰も名前を挙げられない。ほとんど全員が兼職大臣だからである。
 やはり、憲法に「家族」を書き込むべきか。

[2017/07/13]
脱・大日本主義



鳩山友紀夫著「脱・大日本主義」が新書版で出ている。鳩山元首相は、現政権の外交政策、そしてそれに無批判のマスコミから忌み嫌われてきた。しかし、そのマスコミも都議選をきっかけに安倍政権に批判の矢を放つようになり、これまでインチキくさい「GDP600兆、希望出生率1.8、介護離職ゼロ」」の「近未来の日本」に関して、新たに議論する時期が訪れた。鳩山元首相はカウンター議論を提起したのである。
 鳩山さんは飽くまで冷静である。安倍政権対しても、自分を捨てた民進党に対しても、客観的な表現でしか論駁しない。それよりも、自らの政治哲学を淡々と開陳し、日本の取るべき道を「語り部」のように語っている。
 簡単に言えば、大日本主義者はやめようと唱える。グローバリゼーションに乗せられ、パンアメリカンの一翼を担ってきた日本を振り返る。マーケットの大きいアジアと組み、人口減少で叶わぬ成長信仰をやめ、ミドルパワーの成熟国家を目指す。日本の外交を歪めてきたエネルギー問題を解決するため自然エネルギーに投資する。敵国条項の残る国連の安保理常任理事国を目指すのをやめるべきだと主張する。
 鳩山さんの総理を辞めてからの行動は、この哲学に則る。それをマスコミはさんざん揶揄してきたが、確かに、リアリストから言わせると、日米同盟は一定の地位を保たねばならないし、アジア中心の核となる東アジア共同体の発想は一部のサヨク思想に染められている。つまり、広く国民の支持を得るには、リアリストの視点を取り入れる必要がある。国際関係論では、理想主義が勝ったためしはなく、リアリストが世界を席巻してきた。
 この著書は総理になる前に書いてほしかった。継ぎはぎの社会民主主義的なマニフェストで政権を取った民主党は根底のイデオロギー欠如に忽ちぐらついた。自分たちのリーダーの考えがしっかりわかっていれば、進めるべきところは進め、修正すべきところは修正できたであろう。むろん、アメリカの怒りを買ったかもしれないが、周囲がリアルな妥協を諌言できれば、もっと政権は続いたのではないか。
 鳩山さんは自ら筆を執った。総理の職にあった人が自ら執筆するのは異例だ。これまで、政治家で、自ら書いた(と思われる)のは、中曽根康弘と加藤紘一だ。どちらも読みごたえがある。
 身近に鳩山元総理を見る者として、倫理感の高さ、ジェントルマンシップの具現を強く感じる。世間がどう言おうと、知性までを否定することはできない。ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザフは、タリバンに顔面を撃ち抜かれて生還し、「それでも私は変わらない。子供の教育権を声高に主張し続け、殺されてもかまわぬ道を取る」と発言している。鳩山さんの「脱・大日本主義」は、荒削りで、静かすぎる主張ではあるが、死んでもかまわぬの決心で書かれたものと信ずる。
 
 

→バックナンバー
大泉ひろ子物語
YouTubeにて発信中!
大泉ひろ子-市政について
大泉ひろ子-つくば市への想い


政策チラシ 9号[ダウンロード]

[バックナンバーはこちらへ
]

連載小説
民主党を辞めた理由
新しいつくばをつくるみんなの会
アーカイブズ内容
 孫のいない時代 [2015.4月〜2016.2月]
 第二の性を生きる [2014.11月〜]
 老人大陸の平和 [2014.7月〜]
 少子高齢と地方 [2014.4月〜]
 ザ・コーセーショー [2014.2月〜]
 戦後生れの終戦後 [2013.12月〜]
 死生観と行政 [2013.10月〜]
 団子より花へ [2013.6月〜]
 長寿の涙 [2012.1月〜]




(↑)このページのTOPへ

プロフィール 日々雑感バックナンバー 後援会募集 HOME

(C)2009. HIROKO OOIZUMI. All rights reserved.